物ではなく、充実した心の贅沢を満喫しょう。 You can be rich without material possessions.(JEEエコカレンダーより)



写真はクリックしてください。拡大し写真のみ見ることが出来ます。

2017年3月28日火曜日

雪のあと・・広がる春へ

 10センチの雪も解けて・・雪は融け広がる八ヶ岳の裾の、曇がちな春の日差しであるが気温と葉裏腹に心地よい。高原の風はまだ冷たいが、日差しが春をほほに与えてくれる。新緑はもう目の前である。この高原ももう直ぐ淡い緑に変わり、人々の姿で賑うのである。







2017年3月26日日曜日

またまたまた雪・・・それでも春が

 高原の今朝は5センチの積雪・・
昨夜からの雪、やはり暖か午後になってどんどん降ってどんどん解けていく。やはり春。太平洋からくる低気圧に日本海からの寒冷前線が標高の高いとで雪を降らせる。そのため雪は重い。今夜は雪予報、さてあすは春の除雪か???。





2017年3月22日水曜日

春の雪・・・いよいよ春本番へ


 予報は大雪・・やはり暖かい、昨日一日降り続いた雪もどうどん解け、昨夜の降った雪で今朝は積雪2センチほどであった。その朝は晴天明るい春の太陽が澄みとおって空の青と雪の白で真冬とは異なる雪の景色である。明るい日差しで解け始めたが、標高の高いこの場所では夕方には木々に綿の花が咲いたような風景を見せてくれた。春の雪、明日からはいよいよ春本番か・・・。
 雪の化粧で・・・これは何。





2017年3月19日日曜日

NHK・シリアの映像を見て・・

 八ケ岳も泣いているか・・・
NHKの「シリア・空爆の街」を見るに、内戦いや代理戦争のような気がする。アラブの春は何だったのか。権力の座(人)のゆがみが多くの人命を奪う現実。自然豊かなこの地も何時変わるか分からない近年の世界情勢に目をそらさないようにと見つめた一時であった。


2017年3月15日水曜日

春らしいが、春は少し遠のく

 南アルプスが厳しく迎える・・・
寒い北風が八ヶ岳高原を吹き上げる今日、八ヶ岳は雲に、甲斐駒や空木岳・・が冷たく光る。やはり南アルプスは人を何となく寄せ付けないような厳しさを感じさせる。冬のような冷たさであるが、太陽の輝きはやはり春の日差し。この辺りはもう少しすると水田になり、日本らしくない景観をみせてくれる。八ヶ岳に相対するように、修行のための山と威厳をいつも感じる。日本で二番目に高い北岳はここからは見えない。












2017年3月11日土曜日

春待ちの八ヶ岳と甲斐駒ケ岳

 八ヶ岳の麓に出かける・・
 南アルプスと八ヶ岳がよく見える。諏訪の方から吹く風はまだ冷たい。高原の畑はまだ土ぼこりを上げる。もう少しすればこの辺りはセロリや米が植えられ、緑の平原を作る。少し遅れている今年の春、野良で働く人々はまだ眠っているのであろう。山々がじっと見降ろしているようだ。









2017年3月9日木曜日

冬から春へ八ヶ岳は今・・

 雪が降ったり解けたり・・・
八ヶ岳とその高原は日増しに春・・・雪が降ったり解けたり。今年は少ない雪、それでも景色は様々とその変化を楽しむ。写真は八ヶ岳麓からの眺めである。