物ではなく、充実した心の贅沢を満喫しょう。 You can be rich without material possessions.(JEEエコカレンダーより)



写真はクリックしてください。拡大し写真のみ見ることが出来ます。

2018年1月8日月曜日

新年は12月の残雪で迎え・・

 12月は寒い日が多く
その割に雪はすくなかった。新年は残り雪の織りなす模様を眺めつつ冬を愉しもうと散策に出る。白銀に気の影が映り模様を作る。幹だけ残った木々が写る残雪は寒々しいが、自然のなせる様は美しい。元旦は暖かく、寒々した公園にも犬の散歩やサッカーに興じる若者がいた。
残雪の白と枯れた芝や草の茶色がまだら模様に広がる。日差しは暖かく心地よい散歩タイムであった。今年一年が穏やかな年であればとそっと願った。












2017年12月31日日曜日

新しい年、ポピュリズムから抜けられるか。


 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
さて、2018年はいかなる年になるのだろうか。昨年はポピュリズムに流されていく年であったような気がする。アメリカ、ヨーロッパ、日本も近年その傾向が見らえる。社会、文化、政治・・そこには長期な視点と骨太な社会文化の柱を外れない方向感覚の営みが欲しい。2018年に期待し新年を迎える。
八ケ岳は今年も静寂の中で雪に覆われた美しい容姿を提供してくれた。山のように風雪に流されない営みを祈る次第である。皆様にとって良い1年になりますことを・・・・・。








2017年12月30日土曜日

わが家の猫に捧ぐ・・・在りし日の姿

「空太」

 猫ブームの時代。その一翼をににつつ2017年亡くなる。「空太」と「ほこり」
「ほこり」別名「ちび」「わて」










 仲の良い二匹の我が家の猫。2017年亡くなる。わが家族とともに楽しく生活できたことに感謝して、ここに別れの曲を捧ぐ。 
  


お別れとなった猫・・・

今年は長い間生活を共にした二匹のねこが・・・
4月22日に、そして12月29日に我が家の二匹の猫が突然亡くなった。年末に写真のロシアンブルーのねこ。名前「ほこり」が突然苦しみだし、病院に駆けつけたが心臓肥大症でなくなった。4月に亡くなった「空太」は心臓発作で、これも突然である。写真の「ほこり」は 二三日前まで元気で私の膝に良く座りに来ていたが、残念ながら病院に駆けつけたが、この病気は遺伝性で、治る見込みがないとのこと。中年の猫に発症しやすいという。我々も中年どころか高齢者、何時何が起こるやわからない・・・と思いつつわが家を和ませてくれた猫にお別れを言う年の末となった。「ほこり」そして仲良しの「空太」にお礼を言うともに、安らかに眠り給えと生前を偲ぶ。写真はよく遊んだ我が家の庭での在りし日の姿である。





 私のパソコンの横に横たわり遊ぶ姿。










 4月に亡くなった良き友達。抱き合ってよく眠っていた。